フランチャイズショー2016

3月9日から11日の三日間、東京台場の東京ビッグサイトでフランチャイズショー2016が開催されます。日本経済新聞社主催のフランチャイズショーは、日本最大のフランチャイズビジネス関連の展示会です。今年で32回目。最初は東京晴海の展示会場でスタートし、のち池袋サンシャインビルの文化会館などを経て現在の東京ビッグサイトで開催されるようになりました。初期のころは、現在は有名チェーンとなっているファストフードなど飲食関連の出展が目を引いていましたが、最近は学習塾や介護サービスなどのサービス業が圧倒的に多数を占めています。

<出展社>

出展社数は191社。小売業関連18社、飲食業関連57社、サービス業関連61社、その他41社、海外関連12社となっています。

 小売業は、大手コンビニチェーンの他、子供服、ハンコ、100円ショップ、リサイクル関連などが中心です。
 飲食業は、ラーメンなど麺類が13社、喫茶業態5社をはじめとして、ファストフード、焼き鳥、焼き肉、スイーツなど多彩な顔ぶれが出展しています。飲食業関連では、郊外型喫茶がここ数年勢いを増しているという業界動向が出展社にも反映されています。
 サービス業は、学習塾を中心とした教育関連15社、介護・医療・福祉関連13社の他、美容、健康、リペアなど幅広い業態に出会えます。学習塾は個別指導塾が多数を占めているのは変わりませんが、幼児、学童保育など新たな分野のチェーンも増えています。介護・医療・福祉関連はデイサービスが圧倒的に多数を占めていたここ数年の傾向から、サービスの多様化と福祉関連への拡大傾向が見られます。また、葬儀、遺品整理など終活関連も増加傾向にあります。
 海外関連は、シンガポール、インドネシア、フィリピン、香港、ミャンマーなどのアジア関連以外にアメリカ、ブラジルからも出展社があります。
  セミナーは種類も多彩で、フランチャイズ本部向きのものからフランチャイズ加盟希望者に向けたコンテンツが多数揃っています。物語コーポレーション創業者の小林会長、ベネッセホールディングスの原田会長兼社長、やる気スイッチグループホールディングスの松田社長、日本エイジェントの乃万社長などフランチャイズ本部企業の経営者の講演も用意されています。

フランチャイズビジネスに興味のある方は、絶対に見逃せない年に一度の展示会です。是非ご参加を!

民谷昌弘

民谷昌弘

投稿者プロフィール

フランチャイズビジネス全般のコンサルタントとして、百社を超える新規本部の立ち上げを支援し、これまで数百社に及ぶフランチャイズチェーンの運営改善や教育研修、加盟店開発支援などの実績を持つ。
  
   株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役社長
   (一社)日本フランチャイズコンサルタント協会 会長
   (一社)日本フランチャイズチェーン協会
   SV学校、経営士講座、FC本部構築講座 講師
   独立行政法人中小企業基盤整備機構  経営支援アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る