フランチャイズ本部は東京に拠点を?

フランチャイズ本部を立ち上げる際に、地方の経営者の方から必ずと言っていいほど出る質問があります。
「フランチャイズ本部は、東京になくても大丈夫ですか?」というものです。

フランチャイズ本部というと全国展開をするための拠点というイメージがあります。
したがって、日本の中心地である東京に拠点を設けたほうがいいのではないでしょうか?という思いが、フランチャイズ本部を始めようとお考えの経営者の中にあるのだと思います。

確かに、加盟店開発を行うにしても、加盟店ができてからの定期訪問でも、交通の便などを考慮すると、東京に拠点があったほうが何かと都合がいいということはあります。

しかし、一方で、地方にある本社や直営店との情報共有や研修の実施などにおいては、わざわざ、フランチャイズ本部のための拠点を東京に設けることは、却ってデメリットとなる可能性もあります。

当然費用もそれなりに掛かります。
加盟店数がある程度の規模に達するまでは、無理をして東京にフランチャイズ本部のための拠点を設けなくても、既存の本社事業所内や直営店の近隣にフランチャイズ本部の拠点を設置するほうが、費用面でも担当者間のコミュニケーション面でも好都合です。

したがって、フランチャイズ本部を立ち上げる際に、わざわざ東京にそのための拠点を設置する必要はありません。
むしろ、本社やモデルとなる直営店の近隣に、加盟店の研修を行うための会議やトレーニング施設などの設置を優先したほうが、メリットが大きいと言えます。

フランチャイズ本部を立ち上げよう。
じゃあ、東京に進出!などと、あわてる必要はありません。

実際にこれまでフランチャイズ本部を立ち上げた弊社のクライアント企業も北は北海道から南は九州まで存在しています。
むしろ、東京に拠点を持っていないところのほうが多いくらいです。

地域に根差したビジネスモデルで多店舗化を実現するのがフランチャイズシステムの良いところです。
地方で成功業態をお持ちの企業経営者の方は、現在の本社事業所からフランチャイズ本部としてのスタートを切ってください。

地方から全国へ!それがフランチャイズシステムの良さでもあります。

民谷昌弘

民谷昌弘

投稿者プロフィール

フランチャイズビジネス全般のコンサルタントとして、百社を超える新規本部の立ち上げを支援し、これまで数百社に及ぶフランチャイズチェーンの運営改善や教育研修、加盟店開発支援などの実績を持つ。
  
   株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役社長
   (一社)日本フランチャイズコンサルタント協会 会長
   (一社)日本フランチャイズチェーン協会
   SV学校、経営士講座、FC本部構築講座 講師
   独立行政法人中小企業基盤整備機構  経営支援アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る