フランチャイズチェーンの成功4Sスパイラル

フランチャイズチェーン成功4Sスパイラル

 フランチャイズチェーンとして成功するためには、4Sスパラルを回し続けるということが求められます。

 フランチャイズチェーンの始まりは、一店の繁盛店づくりからです。まず、どこかで一店舗、繁盛店ができれば、つまり成功Successすることができれば、多店舗化への第一歩を踏み出せます。
 そして、多店舗化するということは、同じブランドで同じ業態を運営するということを意味します。つまり、同じブランドに魅かれて訪れたお客様がどのお店に行っても期待を裏切られない商品、サービスが提供されるお店作りが要求されるということです。そのために必要なことが、標準化Standardizationです。お店の看板やデザインなどイメージを統一する、基本的な品ぞろえやサービス内容を同一にするなど、業態の標準化を進めることが求められます。
  さらに、フランチャイズチェーンとして多くの店舗を効率的に統一感持って運営していくためには、各店舗をサポートするためにフランチャイズ本部が持つべき仕組みSystem作りが必要です。経営面のサポート、マーケティング面でのサポート、情報システムやモノの供給システム、店舗スタッフの教育システムなど多店舗展開を支える仕組み作りが欠かせません。
 その結果、多くのお客様の満足度Satisfactionが高まり、店舗の収益も向上し、フランチャイズチェーンの場合は、加盟オーナーの満足度もフランチャイズ本部の満足度も高まります。

ここまでが最初の“4Sスパイラル”です。

 

そして、多くの店舗が継続的に運営を続けていくと、店舗毎に様々な成功Success事例が生まれてきます。

その成功事例を全体ノウハウとして標準化Standardizationし、

さらに、そのノウハウを各店舗に浸透させるための新たな仕組みSystemが生まれます。

その結果、もっとお客様の満足度Satisfactionが高まり、より多くのお店が成功する。

というスパイラルを回し続けることが、フランチャイズチェーン成功の4Sスパイラルです。

 

  この4Sスパイラルが回り続け多くの成功店が生まれることで、フランチャイズチェーンにとって最も大切なブランドイメージが高まり、更なる成功へとつながっていきます。

 フランチャイズ本部を立ち上げようとする場合は、まず成功店作りを目指してください。すべてはそこからが始まりです。

民谷昌弘

民谷昌弘

投稿者プロフィール

フランチャイズビジネス全般のコンサルタントとして、百社を超える新規本部の立ち上げを支援し、これまで数百社に及ぶフランチャイズチェーンの運営改善や教育研修、加盟店開発支援などの実績を持つ。
  
   株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役社長
   (一社)日本フランチャイズコンサルタント協会 会長
   (一社)日本フランチャイズチェーン協会
   SV学校、経営士講座、FC本部構築講座 講師
   独立行政法人中小企業基盤整備機構  経営支援アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 他社業態をフランチャイズ展開するという選択肢

    「新規事業に取り組んで企業拡大を図りたいが、フランチャイズ加盟では規模の拡大が見込めないので、自社で…
  2. スーパーバイザーのための改善策の立案、選択の進め方

    スーパーバイザーによる加盟店の問題解決ステップで、これまでに解説してきたように、問題把握、問題の細分…
  3. スーパーバイザーのレベルアップにSV学校の活用を!

    3月18日に2015年度スーパーバイザー士認定の面接と認定式が行われました。 (一社)日本フランチャ…
ページ上部へ戻る