フランチャイズチェーンは理念共同体

フランチャイズチェーンでは、資本関係も雇用関係もないフランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店が、同一ブランドのもと、同じ事業を行います。したがって、お客様がどの店舗を利用されてもブランドイメージを損ねないようにすることが重要です。直営店とフランチャイズ加盟店のどのお店を利用してもその差が分からないというのがフランチャイズチェーン運営の基本です。

   そこで最も大切なのが、本部と加盟店が共に同じ考え方で経営するということです。これが、フランチャイズチェーンは理念共同体といわれる所以です。そのためには、フランチャイズ本部は、フランチャイズ加盟店と共有できる理念を明確に発信することが求められます。

  フランチャイズ本部構築においては、フランチャイズチェーンの理念を以下のように体系化することでわかりやすく共感を得やすくなります。

 

<フランチャイズチェーンの理念体系>

 ・事業コンセプト規定

          当該事業の基本コンセプトを表現したもの

  ・存在価値規定

          事業を通じて社会にどのようなベネフィットを与えるかを明確にしたもの

 ・経営理念規定

          経営する際の基本的な考え方、行動指針などをまとめたもの

 ・チェーン化の目的規定

          フランチャイズチェーン展開を行う目的を明確にしたもの

理念体系は、時代を超えた普遍的なものも含まれますが、社会環境の変化や自チェーンのステージによって変化するものでもあります。常に時代に合っているかどうかを確認しながら、チェーン全体の共感が得られる理念を発信し続けることが必要です。

   さらに、チェーン全体の一体感を増すためには、分かりやすい定量的な目標設定も重要です。日本全国で1000店、業界ナンバーワンなどの目標は、フランチャイズ本部だけではなくフランチャイズ加盟店オーナーも自分たちが社会的に影響力のある存在になったという誇りを持つことができるため非常に有効です。

   フランチャイズ本部構築をスタートさせてまず初めに検討するのが理念体系の明確化です。これまでの自社内の社是や行動指針、経営者へのインタビュー記事や講演内容などをベースに、現在から将来に向けての社会環境変化予測を勘案して、上記の理念体系の項目に則ってまとめます。

   そして、理念は飾りではありません。フランチャイズ本部と加盟店が共に成長していくためには、日常の運営の中に理念が浸透していることが欠かせません。そのためには、フランチャイズ本部として、如何に理念を発信し続けて、加盟店に浸透を図るかということも重要な課題となります。

民谷昌弘

民谷昌弘

投稿者プロフィール

フランチャイズビジネス全般のコンサルタントとして、百社を超える新規本部の立ち上げを支援し、これまで数百社に及ぶフランチャイズチェーンの運営改善や教育研修、加盟店開発支援などの実績を持つ。
  
   株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役社長
   (一社)日本フランチャイズコンサルタント協会 会長
   (一社)日本フランチャイズチェーン協会
   SV学校、経営士講座、FC本部構築講座 講師
   独立行政法人中小企業基盤整備機構  経営支援アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る