「フランチャイズチェーンにおいて、お客様の信頼を維持するために最も大切なものは何ですか?」
「それは、ブランドイメージ」です。
そして、自社がお客様に訴求したいブランドイメージを、一言で表現しているのが、
キャッチコピーと呼ばれる短いフレーズです。

「開いてて良かった・・・」はセブン-イレブンが初期の頃に使っていたキャッチコピーです。
当時は、朝7時から夜11時まで、その後は24時間開いていることが、従来の小売店と比べて著しく便利だったので、「開いてて良かった!」がブランドを言い表す最高のフレーズでした。

そして、最近は、「近くて、便利・・・」になりました。
何故でしょうか?何故なら、ほとんど全てのコンビニや一部のファストフード店でも24時間営業は、当たり前になりました。
セブン-イレブンだけが、「開いてて良かった!」ではなくなってしまったのです。

では、最近の同チェーンの最大の特徴は何かというと、日本最大の店舗網を持っていて、つまりどこよりも近くて便利なところにお店がありますということをアピールしています。だから、「近くて、便利・・・」なのです。

他の大手コンビニを見てみると、
「マチの“ほっ”とステーション」(ローソン)
「あなたと、コンビに」(ファミリーマート)
「一番の満足をあなたに」(サークルK・サンクス)
「街角のあなたの憩いの場」(ミニストップ)
となっています。それぞれが、自分たちがお客様に対してこんなお店ですよ、こんなお店でありたいという思いが短い言葉に凝縮されています。

お客様のニーズは変化します。
自チェーンの規模やポジションも変動します。そして、その変化に対応して、お客様に訴求したい内容は変わります。
したがって、キャッチコピーも、時代とともに変化します。

皆様は、お客様に何を一番訴求したいですか?
それにマッチしたキャッチコピーになっているかどうかを常に考えてください。

 

民谷昌弘

民谷昌弘

投稿者プロフィール

フランチャイズビジネス全般のコンサルタントとして、百社を超える新規本部の立ち上げを支援し、これまで数百社に及ぶフランチャイズチェーンの運営改善や教育研修、加盟店開発支援などの実績を持つ。
  
   株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役社長
   (一社)日本フランチャイズコンサルタント協会 会長
   (一社)日本フランチャイズチェーン協会
   SV学校、経営士講座、FC本部構築講座 講師
   独立行政法人中小企業基盤整備機構  経営支援アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る