フランチャイズ本部構築がスタートできない企業の共通点

フランチャイズ本部構築がスタートできない企業の共通点

フランチャイズ本部となり全国展開したい。我々のもとには日々相談が寄せられています。
しかし、実際に本部構築を行うケースはそれ程多くはありません。

FC展開をしたいという想いがあり、専門コンサルタントに相談するというアクションを起こしたにも関わらずフランチャイズ本部構築につながらなかったケースには共通点があります。

何だと思いますか?

  • それは業態の競争力が弱いというものです。
    簡単にいうと、
     ・儲かってますか?
     ・儲かっているには理由がありますか?
    という感じです。

フランチャイズ本部構築を目指す際は、まずは最低限この2点を点検してみてください。

順に解説します。

フランチャイズ本部を始める前にの点検すべき事項1:儲かってますか?

フランチャイズ本部をスタートするということは、加盟店を募ると言うことです。
つまり、「我々は上手くいっているので同じようにやりませんか?」という感じで社外の方に加盟を促すことになります。
ビジネスチャンスを提供するという言い方もあります。

新しくビジネスを行うことを勧めるのですから、そのビジネスが儲かるかどうかは加盟する方にとっては重要な判断基準です。

従って、今あなたが「儲かっている」もしくは「このままいけば確実のに儲かる」と感じている状況が大切です。

当たり前のように感じるかもしれしれませんが、意外とここを無視する方も多いです。

 ・直営ではあまり利益が出ていないので新規出店の余裕がない。フランチャイズなら加盟店の資金で出店できるようだからFC本部を始めたい
 ・今は儲かっていないが必ず当たるのでフランチャイズ展開できるはず
 ・自分が考えているビジネスプランは儲かるはずだから加盟店を募って一気に全国展開したい

というような相談は結構あります。

あなたは大丈夫ですか?

 

フランチャイズ本部を始める前にの点検すべき事項2:儲かる理由はありますか?

仮に今儲かっているという状況にあったとしても点検すべきことがあります。
それは、「なんで儲かっているのですか?」という質問に答えられるかということです。

フランチャイズ展開とは第三者にあなたが実現した成功(儲かったこと)を再現させるということです。
なんで儲かったか、要因が不明では再現が困難です。

もの凄く能力のある店長がいるから繁盛している、というのはよくある話しです。

儲かっている要因が、

 ・特定の人に依存している
 ・立地など特定の環境に大きく依存している

などの場合は再現が難しいので要注意です。

ただし、自分ではこの要因がわからないという状況はよくあります。
繁盛の要因が、普通に行っている「あたりまえの行為」になっている為というケースが多いです。
つまり、自分たちは、「特別なことだと思っていない」状況です。

この状況の場合は、第三者の客観的な視点が必要になります。
我々はこういう、「自分達が気付いていない強み」に出会うことがよくあります。
これは非常に嬉しい瞬間です。

以上、フランチャイズ本部を始める前にの点検すべき2つの事項を解説しました。
フランチャイズ本部を目指す際は是非点検してみてください。

松久 憲二

松久 憲二

投稿者プロフィール

株式会社アクアネット 専務執行役 チーフコンサルタント
一般社団法人 日本フランチャイズコンサルタント協会 代表理事
特定非営利活動法人 起業応援倶楽部 理事長

昭和43年生まれ。大分県出身。
宮崎大学工学部電子工学科卒業後、大手コンサルタント会社、大手生命保険会社を経て現職。
フランチャイズ本部の立ち上げから加盟店開発などを中心とした経営コンサルティング、執筆および講演等の活動を行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る