カテゴリー:加盟店開発

  • 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが必須となります。新規加盟店が成功する要件として重要なのは、加盟オーナーが当該事業に向いているかどうか、一生懸命事業に専念…
  • 全国に何店つくれる?

    先日、あるフランチャイズ本部の経営会議でのことです。社長が「全国1,000店舗を目指そう!」と言い出し、他の役員も興奮気味に「やりましょう」と応じていました。その後で「いったい我々は全国に店店舗くらい作れるんだろう」とい…
  • 加盟店開発における競合の捉え方

    貴社のフランチャイズパッケージは、どこと比較されていますか?いわゆる競合のことです。「そんなのわかりきっている」と、思われる方も多いかもしれません。しかし、きちんと把握するのは意外と難しいものです。そこで、少し考え方を整…
  • フランチャイズ本部が本を出版する意味って?

    世の中には、「一度は自分の本を出版してみたい!」とお考えの方が、多いのではないでしょうか。書籍を出版すると印税生活でどんどんお金が入って来るというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。一般的に…
  • 資金が無い人にフランチャイズ加盟させる?

    「資金不足の加盟希望者が多くて、なかなか加盟者が増えなくて困っているんです」とお嘆きのフランチャイズ本部の加盟店開発担当者の方の声をよく耳にします。通常フランチャイズチェーンに加盟する際には、開業に必要な資金に加えて加盟…
  • 独自の加盟審査基準を!

    フランチャイズ本部が加盟希望者を募集して、正式に加盟契約を締結するまでに、欠かせないのが、加盟審査です。資金面さえクリアすれば、誰でも加盟させるというフランチャイズ本部もゼロではないようですが、加盟後のトラブル回避のため…
  • 「法定開示書面」は、フランチャイズ本部のリスク回避のために!

    フランチャイズ本部が加盟希望者に対して、契約前に情報開示するために作成と説明が法律で義務付けられている書面を「法定開示書面」と呼びます。現在の日本では、フランチャイズ法というようなフランチャイズビジネスを直接規制する法律…
  • 加盟店開発の際に言ってはいけない言葉

    フランチャイズ本部と加盟店のトラブルの大半は、加盟時に受けた説明と実際営業を始めてからの実態が大きく異なるというものです。つまり、加盟時におけるフランチャイズ本部の加盟店開発担当者の説明の仕方に留意することで相当のトラブ…
  • 加盟店開発における最強の武器!

    先日ある本部で、お客様の声を撮影している動画を拝見しました。お客様がサービスを受け大変喜んでいる、とても満足しているということが客様自身の声で語られているVTRです。 これは、このフランチャイズチェーン内のコンテス…
  • 加盟店開発で大切なものとは?

    先週、2016年3月9日から11日の間に行われたフランチャイズショーが終わりましたが、出展していたフランチャイズ本部は、ブースにお越しになった加盟希望者に対するフォロー活動を本格化させている時期ではないでしょうか。展示会…

おすすめ記事

  1. 外注費はコストか投資か?

    外注費はコストか投資か?

    先日あるアウトソーシング(外注)を勧めるセミナーに参加しました。 業務を外注したい企業と請負いたい…
  2. 加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    加盟前にインターン制活用によるミスマッチの回避

    オーナー選びの難しさ フランチャイズ本部が永続的に成功するには、新規加盟店が継続して成功することが…
  3. ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズ本部は、ビジネスモデル特許を取得するべきか?

    フランチャイズビジネスにおいて、ビジネスモデル特許は取得すべきものでしょうか?   ブルーオ…
ページ上部へ戻る