マニュアル作成のマニュアル(5)

日々の業務の中でマニュアルを見ながら作業することは、まずあり得ません。
なので、初めてマニュアルを作成する場合には「ゼロから」の作業になりますが、
材料(資料)になるものは、どこにあるのでしょうか?

社長や店長の頭の中にあって、取り出すことが難しいこともあるかもしれませんが、
店内や事務所の掲示物、連絡ノートなどはないでしょうか?
仕事をしている周りを観察すると、材料がきっとたくさんあるはずです。
それらの材料は「頭の中にあるマニュアル」を引き出す時の助けになることも多いのです。


目次に該当することから
マニュアルの資料といっても、業務(オペレーション)に関わることですから、
例えば一日の業務をイメージして、書いてあるものがあればコピーを取り、作業しているところを写真や動画で撮ることで材料がそろっていきます。

何から集めたらよいかが分からなければ、既に作成した目次の順番に資料になるものを片っ端から集めてください。
数年前までは写真はデジタルカメラで、動画はビデオカメラで撮らないといけませんでした。
最近はスマートフォンでも写真や動画の撮影、スキャニング(プリントアウトをPDFなどのデジタルデータに変換すること)も可能になり、手軽になっています。

面倒がらずに材料を集める
マニュアルの材料(資料)集めは意外と骨が折れます。
作業手順やルールは、覚えていて、自然とカラダが動くことが「当たり前」です。
当たり前のことが出来る人たちが始めた仕事は、仕事を教えるときもマニュアルは必要ないですから、マニュアルがないのが当然とも言えます。

面倒と思わずに、丁寧に材料集めをしてみてください。

山崎 純一郎

山崎 純一郎/ Junichiro Yamazaki

投稿者プロフィール

サービスFC本部で法務室長、経営企画部長等を経て、2003年より現職。フランチャイズ本部構築コンサルティングのほか、品質マネジメントシステム(ISO9001)取得支援コンサルティング、フランチャイズ本部のオペレーションマニュアルの企画・編集・制作を担当。そのほかに、研修講師、執筆等も行っている。

株式会社アクアネット フランチャイズ経営研究所 マネジャー チーフコンサルタント
NFCA認定FCコンサルタント AFP(日本FP協会認定)・2級FC技能士(ファイナンシャルプランナー)

この著者の最新の記事

関連記事

FC研 メールマガ登録はコチラから!

おすすめ記事

  1. 他社業態をフランチャイズ展開するという選択肢

    「新規事業に取り組んで企業拡大を図りたいが、フランチャイズ加盟では規模の拡大が見込めないので、自社で…
  2. スーパーバイザーのための改善策の立案、選択の進め方

    スーパーバイザーによる加盟店の問題解決ステップで、これまでに解説してきたように、問題把握、問題の細分…
  3. スーパーバイザーのレベルアップにSV学校の活用を!

    3月18日に2015年度スーパーバイザー士認定の面接と認定式が行われました。 (一社)日本フランチャ…
ページ上部へ戻る